img

2019年4月、カリキュラム改革


2019年度カリキュラム改革



本学で行ってきた少人数制の英語教育。

これをさらに活性化させるため、2019年4月より実践的で「使える英語」を身につけ、国際社会に通用する人材を養成するカリキュラムに生まれ変わります。



┃新カリキュラム・3つの特徴



┃1. 英語の講義がさらに充実

英語講義が約600時間へ拡大


少人数かつ習熟度別のクラス編成にあらわれているように、英語の講義が充実している点こそ、本学の特徴です。今回のカリキュラム変更によって、そのような講義がさらに充実し、1・2年次での履修時間が約400時間から約600時間に増加します。


┃2. より実践的な英語講義
実務英語


航空業界や観光業界で用いられる実践的な英語を扱う講義や、通訳英語などの講義が新設されます。さらに、TOEICなどの外部試験への対策講座も増加。

「社会で、本当に使える英語」が本学では学べます。



┃3. その他の語学講座の充実
韓国語


韓国語やフランス語の講義が倍増します。

これまでの中国語に加え、これらの語学の講義がさらに充実し、多言語を駆使できる「国際人」を目指せるカリキュラムになります。



┃カリキュラム
カリキュラム


□基礎科目
基礎科目

「キャリアデザイン6」の名称は変更する場合があります。


□専門科目
言語理解科目
※日本語Ⅰ~Ⅲは留学生・帰国子女および日本以外の国籍を有する者のみが履修できます。

人間理解、日本理解、国際理解科目
教育課程の再課程認定申請中の為、一部の科目に変更の可能性があります。


□専門ゼミ科目
専門ゼミ科目


□履修方法
専門ゼミ科目



▲ページTOP


img
資料請求をご希望の方はこちらへお願いします。

img
海外研修へ旅立った学生が綴る
ブログをご紹介します。

© MUSASHINO GAKUIN All Right Reserved.